タイ・サメット島

タイLCCノックスクートの座席を徹底解説|バンコク-成田XW102便

タイ・バンコク往復の航空券を探していると、安い航空券って大体ノックスクートやエアアジア等のLCCのことが多いですよね。

だけどLCCは席が狭いって聞くし、国際線や深夜便だといくら安くても航空券を買うかどうか迷ってしまうことってありませんか?

 

せっかく旅行に行くのに、狭い空間で隣の人を気にしながら窮屈な思いをする数時間は本当につらいので狭い座席は絶対避けたいですよね。

 

解決策として、使われている機材や座席シートを把握しておくことで、隣の人も気にせずむしろ有名航空会社よりも広い席に座ることもできるんですよ。

 

このページでは2018年6月就航のLCCノックスクートのバンコクー成田深夜便(XW102便)の足もとゆったり席を紹介していきます。

帰りの飛行機でゆっくり休めると思うと、現地最終日もめいっぱい予定を詰め込めますよね。

 

旅の最後に嫌な思いをしなくて済むようにLCCに乗るなら座席情報はしっかり頭に入れていきましょう。

こんな人におすすめの記事です
  • ノックスクートの座席情報を詳しく知りたい人
  • 飛行機は移動手段と思っているのでLCCで安くしたい人
  • 飛行機の座席で狭い思いをしたくない人
  • エアアジア等で他のLCCにある程度慣れていて、眠るためだったら人の目を気にせず行動のできる人
  • 飛行機は移動手段と思っているのでLCCで安くしたい人
得られる情報
  • ノックスクートXW102便のお宝席と絶対座ってはいけない座席番号
  • LCCなのにフルフラットで眠れる裏技

 

ノックスクートの座席の種類

なんといっても、LCCは座席が狭いのが難点ですよね。

まずは本当に席が狭いのか、日系航空会社とノックスクートの座席を比較してみましょう。

航空会社名 機材 シートピッチ
ANA(NH808) ボーイング787-9(215席タイプ) 86cm
JAL(JL718) ボーイング787ー8(JAL SKY WIDER Ⅱ) 84cm
ノックスクート(XW102) ボーイング777-200ER 78.7cm/90cm/91.4cm

バンコクを深夜に出発する便のエコノミー座席で比較すると、一番広いのはANAになります。

 

ただ、ここで注目してもらいたいのがノックスクートのシートピッチです。

  • 78.7cm
  • 90cm
  • 91.4cm

と3つのサイズがありますよね。78.7cmが一番安いエコノミーシートなので、普通にノックスクートに乗ると狭い座席になってしまいます。

 

しかし、ノックスクートを始めとするLCCでは追加料金を払えば足元が広い席を買うことができます。

つまり、LCCノックスクートで安い航空券を購入し追加料金を払ってANAやJALよりも広い座席に座ることができるんです。

 

もともとの航空券が安いので追加料金を払ってもJALやANAよりも安く済むため、LCCに乗って有料シートを追加で購入するのも一つの方法です。

 

では、今度はノックスクートの有料座席にはどんな種類があるのか、シートピッチ(座席の広さ)と値段を見ていきましょう。

座席の種類 特徴 シートピッチ 値段(バーツ) 値段(日本円)
ストレッチシート×サイレント 足元が1.5倍広くて静か 91.4cm以上 1500 4500
スーパーシート×サイレント 足元が1.3倍広くて静か 90cm 1000 3000
ストレッチシート 足元が1.5倍広い 91.4cm以上 1200 3600
スーパーシート 足元が1.3倍広い 90cm 800 2400
サイレントシート 足元普通で静か 90cm 500 1500
スタンダードシート 足元普通(座席指定も有料) 78.7cm 400 1200


タイバーツに×3したのが日本円の目安です。

※クレカ決済の場合1バーツ3.5円で計算されました(2018620日予約時)

 

これだけ種類があると正直迷いますよね。

次の項目でノックスクートでの一番コスパが良い座席を紹介していきます。

ノックスクートの有料シートで一番お得な座席は?

ズバリ言います。

ノックスクートで一番コスパのいいお宝席は71ACもしくは71HKです!

場所で表すとこのあたり☟です。機体後方の座席になります。

この71ACと71HKはどちらも有料のスーパーシート(足元90cmで約2400円)に設定されています。

スーパーシートは数席設定されていますが、中でも71列のAC・HKは別格です。

なぜなら、ちょうど3列席から2列席に切り替わる位置のためこんなに足が伸ばせてしまうからです。

 ※71列目C席に座っている状態です

足の伸ばせる範囲は一番値段が高いストレッチシート並みの広さです。

もう一度全体像を見てますと、このあたりになります☟。機体の幅が少し狭くなるので、それに合わせて座席も減るんですね。ここが狙い目です。

70列目までは3列シート、71列目から2列シートに変わるため片足をどれだけ伸ばしても足が通路にはみ出ないので安心して足を伸ばせます。
ちなみにすぐ後ろの72列のAC・HKも準お宝席で、結構足を伸ばせます。

※これは72列C席に座った時の写真です

71列C席よりも右足が通路に近くなり、なんとなく足が踏まれそうな気がしていまいち落ち着かないので、できれば71列を狙いたいところです。

 

  • スーパーシートは有料です。800バーツ/2400円が航空券代とは別に発生します。
  • 同じ71列だからと言って真ん中の4列席(DEFG)は危険です。とても足元が狭いです。




LCCなのにフルフラット座席がある?

今回わたしはあろうことか、先ほど危険とお伝えした71列の真ん中4列席(EF)を間違って買ってしまったんですよ。笑

LCC何度か乗っている私でもいままでに体験したことの無い狭さです。

膝が前の座席にくっつくいてしまうくらい狭いです。

71列のF席に座るとこんな感じで前の席に膝が付く ※71列のF席。LCCってこんなに狭かったっけ?

 

これはアカン・・・バンコクで余分に両替したお金も余ってるし、余ってる席があれば追加料金払ってもいいからここを抜け出したい・・・

そう思った私はダメ元で離陸前の飛行機内をウロつき始めました。

すると、なんということでしょう。

誰も座っていない4列シートを発見!

飛行機の翼の上にあたる43列目~50列目にかけて、席がゴソっと空いているではありませんか。

 

ベッドです。4列席がベッドにしか見えません。はやる気持ちを必死に抑えて元の席にいったん戻り、離陸後・・・

 

ベルト着用サインが消えたとともに暗闇の中を素早く移動してベッドに向かいます。

そして無事足伸ばせるフルフラットをゲット!これぞ真のお宝席です。

キャビンアテンダントさんが何人も・何回も通りましたが、特に何も言われませんでしたし、他にも何人か移動してる方もいました。

もし何か声をかけられたら元の席に戻ればいいだけなので、もし空席を発見したらチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

  • 席が空いている時しか出会えないので時期とか運まかせ</span>であるので期待しないこと
  • 有料シートではなく無料シートならOK(有料シートだと多分CAさんに声かけられます)
  • 飛行機の翼の上はエンジン音がうるさいので耳栓必須
  • トイレも近い</span>ので少しうるさい

LCCのほかの便でも応用できるかも

いかがでしたでしょうか。

LCCを使ってお得に旅をしたい!だけど最低限の快適さは欲しい人向けにノックスクートのお宝席を紹介してきました。

LCCお得座席のまとめ
  • 予算に余裕があるならストレッチシート(3600円~)がおすすめ
  • お宝席は71列目ACもしくは71列目HK(2400円~)
  • 後方61列目以降の4列席(EFGH)は危険
  • 離陸後空席に移動しても何も言われないので「空席」=「真のお宝席である」

LCCはただ安いだけじゃなく、自分流にカスタマイズできるのも「旅感」が増すので楽しいですよね。

LCCを上手く活用して安くお得に、そして快適に過ごしたいですね!